押出成形ラボ

プラスチック押出成形のことなら、あらゆることをご相談ください

[受付時間]9:00〜17:00(平日)

押出成形ラボ 硬質押出成形の金型製作体制

概要

押出成形ラボ 硬質押出成形の金型製作体制

押出成形ラボでは各種樹脂押出成形、樹脂射出成型の試作・量産依頼を承っております。
今回は硬質押出成形の当社の金型製作体制の一部についてご紹介いたします。

困りごと:硬質押出用金型製作で図面通りの形状が再現できず調整時間もかかってしまい困っている。

対策案:硬質押出金型の製作は樹脂流動調整が必要となります。そのため、押出試作を行い、何度もトライ&エラーを重ねて金型調整をし、製品を完成させます。金型調整時間を短縮するには複雑な樹脂流動調整を可能とする金型構造の構築と金型修正技法が必要となります。これを実現することでサンプル提出納期も短縮することができます。

〈一般的な企業の金型製作対応〉
一般的な企業の金型製作について外部の金型製作会社へ金型(ダイスとサイジング)の製作手配をします。金型入荷後、樹脂流動調整を確認するために押出試作を行います。自社で金型修正ができない場合は外部の金型製作会社に都度金型修正依頼をする為、金型修正までに時間がかかります。また、金型の構造が流動調整部位ごとに分割されていない場合、修正が困難になる可能性があり、金型の再製作が必要になる可能性があります。

〈押出成形ラボ【三協化成】の金型製作対応〉
金型設計に関して、当社は自社で行っています。当社の金型は樹脂のガス焼け対策として腐食しにくい材質を使用しています。当社の金型は部位ごとにパーツやプレートで構成されているため、複雑な樹脂流動調整が可能となります。金型修正は全て自社で行っており、ワイヤーカット機を使用しプレート等に複雑な加工をすることが可能となります。そのため、複数のホロー等がある複雑な形状の製品でも製作することができます。
また、当社では自社で修正対応をしているため短納期対応が可能となります。

今回は当社の硬質押出成形の金型製作に関してまとめました。今後も当社の押出成形に関して情報発信を行っていく予定です。
硬質・軟質押出成形品、射出成型品のご案件等がございましたらお気軽にお問い合わせください。

その他・情報:三協化成の加飾技術と品質確保

■様々な種類の材料を使用することで硬質三色成形の単色から木目調など幅広い色調の製品を形成できます。

■ラミネート貼り付けによる外観加飾が可能です。

■センサーカメラとモニターを使用したインラインでの品質確保が可能です。

その他・情報:三協化成では デザインを形にします

■「樹脂化設計」に我々の知見でお応えします。「樹脂化設計・金型設計」のみ、から「量産」までの全てのステージでお応えします。

戻る

同じカテゴリーのお役立ち技術コラム